本文へスキップ

TEL. 028-658-9877 / FAX. 028-658-9847

〒321-0165 栃木県宇都宮市緑五丁目1番5号

会長あいさつ  

       栃木県薬剤師会    会長就任のご挨拶
平成30年8月2日の理事会で栃木県薬剤師会会長に選任され8月22日の臨時総会にて新会長に承認されました渡邊和裕でございます。どうぞ宜しくお願いいたします。
まずは、7月の西日本豪雨水害、9月の北海道胆振東部地震で被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。私の故郷の三原市も一部被害に遭い、まだ不自由な暮らしをされている方も多数いらっしゃるようで一刻も早い復興をお祈りいたします。
このような自然災害や今後起こりうると想定されています大震災に備え、栃木県薬剤師
会としても迅速に対応できる体制整備を急がなくてはいけないと考えています。

この度、前会長の辞任に際しては会員の皆様には大変ご心配をおかけしましたこと、深
くお詫び申し上げます。突然の会長指名に私自身も驚いておりますが、理事の皆様に選任していただき、また、代議員の先生に承認いただきましたことはこの上ない光栄と身の引き締まる思いです。
私は、総務担当副会長として2期4年の経験を積ましていただき、そして49歳という若さとパワーでしっかり会の発展を担って行きたいと考えております。
数年前から取り組んでおります財政改革も会費の値上げ等会員各位の痛みを伴っていただきました。お陰様で一定の黒字化で推移できるところまで来ました。誠にありがとうございます。
財政改革については、緩めることなく、引き続き絞れるところを絞って累積赤字を1年でも早く解消できるよう頑張って参る所存です。
我が県の分業率は、平成29年度は67.4%と全国平均の72.8%に対し約5ポイント低い値であります。ここは何とか分業対策委員会を中心に平均以上へ分業率を推し進めたいと考えています。
在宅への取組みも大きな課題となっています。栃木県の在宅参画薬局は16%と全国第40位となっています。今年度は、栃木県の委託事業として県内8地域薬剤師会をモデル事業地区に指定し、「在宅医療ファーストステップ事業」をスタートさせます。1人でも多くの会員の皆様がこの事業を通して在宅業務に参画していただけるよう協力して参りたいと考えております。
健康サポート薬局は5月末現在県内15薬局となっています。2025年に向けて地域包括ケアシステムにおける健康サポート薬局に対する県民の期待は大きいものがあります。
栃木県薬務課ともしっかりと連携をとりながら健康サポート薬局を推進して参ります。
敷地内薬局の問題につきましては、栃木県薬剤師会としても医療分業の基本理念に反することから予てより反対の立場を表明しております。
最後になりましたが、今後も会員が入会してメリットを感じられる会の運営を実行し、栃木県薬剤師会の更なる発展のため尽力する所存でございます。何卒一層のご支援・ご協力を宜しくお願い申し上げます。
                                平成30年8月
                        一般社団法人 栃木県薬剤師会
                            会長 渡 邊 和 裕


バナースペース

一般社団法人 栃木県薬剤師会

〒321-0165
栃木県宇都宮市緑五丁目1番5号

TEL 028-658-9877
FAX 028-658-9847